テーマ:誤判

偽装ではなく、間違いです

仙台地裁 少年法適用ミス 不定期刑のはずが懲役2年6月  時速100キロ以上で乗用車を運転し、車いすの女性をはねて死亡させたとして、業務上過失致死罪などに問われた宮城県丸森町の少年(19)の控訴審判決公判で、仙台高裁は11日、「一審判決は少年法の適用を誤った」との判断を下し、懲役2年6月とした仙台地裁判決を破棄、懲役1年6月以上2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more