結局、どうすればよいのでしょうか - 全盲患者、公園に放置…大阪の病院

堺市北区の「新金岡豊川総合病院」(豊川元邦院長)の男性職員4人が9月下旬、糖尿病で入院中だった全盲の患者男性(63)を車で連れ出し、大阪市西成区の公園に置き去りにしていたことそうで、マスコミがこぞって、病院を非難する報道をしています。

でも、約2年間分の入院費用約185万円を滞納していたほか、病室の備品を壊したり、6人部屋を1人で使うなどして病院も大変困っていたようです。

病院の車に乗せて大阪市住吉区の前妻宅へ搬送したが、「持病があって面倒をみられない」などと引き取りを断られたため、このように放置したとのことですが・・・

病院を非難するのは簡単ですが、結局、ではどうすればよいのでしょうか。
批判された病院も、災いを引き受け続けなければならない、それでよいのでしょうか。
保護責任者遺棄罪となるのだそうですが、それでこの病院関係者、納得しますかね。

マスコミは、表面的におもしろ半分でしか報道しないので、昔からまったく信用していませんが、今回も同じこと。

このようにすべきであると責任を持って主張できないなら、人を批判する資格などないはずでしょう。
ここ数年、新聞もろくに読まなければ、テレビも見ませんが、それで困ったこともなかったので、この国にはマスコミは要らない、そう割り切った方がよいようです。

"結局、どうすればよいのでしょうか - 全盲患者、公園に放置…大阪の病院" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント