弁護士も負けていません

在朝の不祥事に引き続き、在野の不祥事です。 「在朝在野」といっても、最近の方はわからないようです。 戦前の言葉ですから。朝廷(天皇)の側が在朝、民間側が在野(ざいや)です。 「野に下る」は「やにくだる」と読みます。「の」に下るではありません。 脅迫で東京の弁護士再逮捕 被告人に「黙秘」強制 宮崎  東京弁護士会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東郷青児の絵、どこへ行くのでしょうか

東京・吉祥寺にある東郷青児ゆかりの喫茶店「ボア」が閉店されました。 店にはいると、東郷青児の絵が目につきました。 近くに住んでいたことがあるので、このボア、何度となく出かけて記憶があります。 確か、マッチも持っていたはず。 でも、閉店されたそうです。 この絵は、どこに行くのか、気になります。 東郷青児ゆかりの喫茶店「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンボジェット機(747型機)も航空機関士(FE)も、日本の空からなくなります

燃料の高騰で、ジャンボジェット機が姿を消すそうです。 そういえば、数年前までは国内線でもよく乗りましたし、海外に行くともジャンボジェット機でしたが、ここのところ、ほとんど777(トリプルセブン)かエアバスです。 ここ2~3年、海外に飛ぶ機会が多かったのですが、ヨーロッパ線もエアバス、豪州に行ったときも777でした。 以前は、エ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

裁判官が手抜きをし、執行官がミスを連発し、検察官が暴力行為

いろいろあるものです。 いずれも国家の権力作用を行使する人たちですが・・・ 1.非公開で(記録の上では公開したことにして)口頭弁論開く 高裁、審理差し戻し 千葉地裁 2007年10月07日23時54分  千葉地裁松戸支部の納谷肇裁判官(53)が担当した民事訴訟の第2回口頭弁論を非公開で開いたことは違法だとして、控訴審の東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more