老兵は死なず、消え去るのみ (ファミコン・スーパーファミコンが引退!!)

 我が家の子供たちも遊んだファミコン(1983年発売)、後継機のスーパーファミコン(1990年発売)、とうとうサポートが打ち切られるそうです。
ファミコンのゲームも、Will で遊べるので、いよいよ引退です。

時代の流れでしょうが、老兵は現役から姿を消し、自然死を待つのみです。

画像

      累計6191万台が売れた任天堂のファミリーコンピュータ

ファミコン・スーファミ、引退へ 任天堂が修理受付終了

 任天堂は31日、家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」=写真=と「スーパーファミコン」の修理受け付けを打ち切った。昨年発売した「Wii」が世界的にヒットするかげで、80~90年代に世界のゲーム市場を席巻し、合わせて1億1000万台が売れた両機がひっそりと現役を去る。

 ファミコンは83年、後継機のスーパーファミコンは90年発売。任天堂は生産終了後も「利用者がいる間はサポートを続ける」と修理を受け付けてきたが、最近は月に数件程度しか申し込みがなく部品の調達が難しくなった。ファミコン時代のゲームがWiiのダウンロード機能で楽しめるようになったこともあり、修理打ち切りを決めた。

 ファミコンは発売当時1万4800円。ゲーム機能を備えたパソコンの半分以下の価格で圧倒的な人気となり、宮本茂・現専務らが生み出した「スーパーマリオブラザーズ」や「ゼルダの伝説」、他のソフトメーカーが作った「ドラゴンクエスト」などのソフトが世界的にヒットした。

 ゲーム雑誌編集のエンターブレイン・浜村弘一社長の話 ファミコンがなければ、ゲームはパソコンのおまけにとどまっていた。今や3兆円規模に育ったゲーム産業をゼロから作り上げた存在と言っていい。ゲームの定義や楽しみ方が大きく変わりつつある今の時期にファミコンが役割を終えるのは感慨深い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • はじめてのファミコン

    Excerpt: こんばんは 少しサボってました Weblog: 今までやってきたゲーム racked: 2007-11-18 01:34