裁判官が手抜きをし、執行官がミスを連発し、検察官が暴力行為

いろいろあるものです。
いずれも国家の権力作用を行使する人たちですが・・・

1.非公開で(記録の上では公開したことにして)口頭弁論開く 高裁、審理差し戻し 千葉地裁
2007年10月07日23時54分

 千葉地裁松戸支部の納谷肇裁判官(53)が担当した民事訴訟の第2回口頭弁論を非公開で開いたことは違法だとして、控訴審の東京高裁(南敏文裁判長)が審理を千葉地裁に差し戻したことがわかった。納谷裁判官は書記官も同席させず、終了後、口頭弁論は法廷で公開されたと調書に書かせた。千葉地裁(中山隆夫所長)は同裁判官を処分する方向で検討している。

 控訴審判決などによると、原告は昨年10月、土地の賃借契約の更新料269万円の支払いを求め、地裁松戸支部に提訴。第1回口頭弁論の後の06年12月21日、双方の代理人と3人で2回目の口頭弁論に備えるための非公開の準備手続きをした。

 憲法は原則として裁判を公開法廷で開くよう定めている。口頭弁論は公開が原則だが、納谷裁判官は弁論準備手続きの終了後、同じ部屋でそのまま口頭弁論に移った際、出入り口を開けたり、開廷表を表示したりするなど法廷が公開されていることを示さなかった。

 書記官も立ち会わせず、同裁判官が終了後に調書を作らせた。調書には「法廷で公開」と書かれているという。

 納谷裁判官は1月に判決を言い渡し、原告の請求を棄却した。このため、原告は「裁判手続きが違法」と控訴。東京高裁は5月、「公開法廷で弁論終結の手続きを行わないまま判決を言い渡したのは違法」と判断し、千葉地裁に審理を差し戻す判決を言い渡した。

 千葉地裁は「裁判官から報告は受け取ってはいるが、処分を検討中で、詳しい理由は差し控えたい」と話している。

2.ミス連発の執行官を懲戒処分 京都地裁
10月5日1時51分

 自動車を差し押さえる仮処分決定正本を紛失したなどとして、京都地裁は4日、60歳代の男性執行官を同日付で戒告の懲戒処分にしたと発表した。執行官は平成11年5月にも、現況調査報告書を期限が過ぎても提出しなかったとして戒告の懲戒処分を受けている。
 地裁によると、仮処分決定正本は債権者や債務者の名前、債権額などが書かれており、執行官は昨年7月末ごろ紛失。これとは別に同月、動産の差し押さえに伴う書類作成をめぐり、債務者に誤って別の種類の書類に署名押印させた。この後、ミスに気づいて書類を作成し直す際に、署名押印部分を切り取って本来の書類にはりつけていた。
 吉野孝義・京都地裁所長の話 「裁判所に対する信頼を損ねたことは誠に遺憾。再発防止に万全を期し職員の規律保持に努めたい」

3.検事が酒を飲んで通行人を殴打 法務省が戒告処分
2007年10月09日20時32分

 法務省は9日、大臣官房に勤務する40歳代の男性職員(検事)を同日付で戒告処分にしたと発表した。職員は、東京都内で酒に酔って通行人を傘で殴ったとして4日に暴行容疑で書類送検され、9日付で不起訴処分(起訴猶予)になった。被害者にけがはなかった。

 同省によると、この職員は2日午前0時15分ごろ、焼酎4~5杯程度を飲んで自宅に歩いて帰る途中、後ろから自転車で走ってきた20歳代の男性の体と持っていた傘が接触したことから口論になり、傘で男性の顔や肩を数回殴打したという。

 職員は大臣官房の管理職ポスト(課長補佐級)に就いていたが、事件を受けて大臣官房付に移された。同省は「現職の職員がこのような問題を起こして誠に申し訳ない」としている。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック