ラテン語版のウィキペディア

このブログの本来のテーマ、ラテン語についてです。

ネット上で自由に利用できる百科事典、ウィキペディア画像


またラテン語文法の本もあります。

つまり、ラテン語を利用する人は少なくないようで、しばらく前までは、ヨーロッパの学位論文はラテン語で書くことが要求されていました。今は、むろん、母国語でかまわないのですが、学位論文を書くためには、先人の業績を読まなければなりません。その先人の業績がラテン語で書かれている以上、ラテン語が、少なくとも読めなければ学位論文を書くことができません。

大学関係者の多くがラテン語を読めるのは、このような事情も背景にあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック